apple

iPad, iPhone, Mac間のデータのやり取り- 主にAirDropのこと

Pocket
LINEで送る

iPhoneで撮影した下書きをMacに持っていきIllustratorでトレースしたい、あるいはiPhone内にあるデータをiPadで下絵として使いたいなどのとき、昔ならメールに添付して移動していたものですが、今ならサクサク移動できるのです。
基本の基本なのですが、意外と知らなかったりするので一応まとめます。

Air Drop

Apple端末がどちらも近くにある場合は、これがお手軽!

設定

iPhoneとiPadでは、ホーム画面の「設定」>「一般」>「AirDrop」で受信できる範囲を設定できるので、適時設定(私は作業時は「すべての人」にして、作業が終わったら「受信しない」にしています)。
Macはfinderのメニューバーから「移動」>「AirDrop」で、「このMacを検出可能な相手」を適時設定。
受け手側がオープンになれば、データを送ることができるようになります。

データ送信方法

iPhone / iPadから送信する

「写真」から送りたい画像を選択、左下に四角に↑のアイコンがあるのでそれをクリック。画面中ほどに「タップしてAirDropで共有」欄があり、近くでオープンになってる端末が表示されます。送りたい端末を選択すればデータが送信されます。

Macから送信する

送りたいデータを右クリックでカーソルのとこにメニューが開きます。「共有」から「AirDrop」を選択すると、AirDropウインドウが開き、近くでオープンになってる端末が表示されます。送りたい端末を選択するとデータが送信されます。

iCloud

Apple製品同士なら、これが1番基本的ですね。データの整理も兼ねられるし。
と言いつつ、活用できていないので勉強しなければ……。

おまけ:windows PCとデータ共有

クラウドストレージ

  • DropBox
  • OneDrive
  • Googleドライブ

BlueTooth / LANケーブル / USBケーブル

クラウドストレージが出てきてからはそっちを使った方が早いので、これらは勉強していません。基本的にオンライン環境ですし…。

IP Massanger

PC同士ならこれでもいけますが、Firewallで添付ファイルは弾かれたりします。

Pocket
LINEで送る

back to top