01.デフォルト

普通に左寄せ。

item01
item02
item03

02.一個右寄せ

item03 に margin-left: auto; を指定。

item01
item02
item03

03.一個右寄せ:論理プロパティ使用

item03 に margin-inline-start: auto; を指定。
IE・Edge非対応(「01.デフォルト」と同じ表示になる)

item01
item02
item03

04.一個右下

囲みが高さがある場合。
親要素のwrapに height: 150px; align-items: flex-start; を指定。
item03 に margin-left: auto; margin-top: auto; を指定。

item01
item02
item03

05.一個右下:論理プロパティ使用

囲みが高さがある場合。
親要素のwrapに height: 150px; align-items: flex-start; を指定。
item03 に margin-inline-start: auto; margin-block-start: auto; を指定。
IE・Edge非対応(「01.デフォルト」と同じ表示になる)

item01
item02
item03

06.一個右下:おまけ

「04.一個右下」の親要素から align-items: flex-start; の指定を外したもの。
IE非対応(item03は右に寄るが高さが他のitemと同じ100%になっている)

item01
item02
item03

07.一個右下:おまけ IE対応

「06.一個右下:おまけ」をIE対応させたもの。
親要素のwrapに height: 150px; align-items: flex-start; を指定。
item03 に margin-left: auto; margin-top: auto; を指定。
item01, item02に align-self: stretch; を指定して高さを100%にさせた。

item01
item02
item03