wordpress

URLに/wp/が!WordPressの階層をドメイン直下のルートディレクトリに上げる方法。

Pocket
LINEで送る

そんなハズではなかったのに、URLに/wp/が付いてしまって、せっかく取った独自ドメイン直下のページはこの有り様。

手順その1:まずはWordPressのダッシュボードからの設定変更

WordPressのダッシュボード画面から、設定 > 一般へ。
「あ、一般的な設定なんだ……」と思いつつ、

ここのwpを消して、http://ponsyon.com/にして「変更を保存」。

WordPress初心者のときは、これだけして「やっぱり非表示!できない!WordPressこわい!」となってしまっていましたが、まだ必要な手順がありました。

手順その2:FTPから.htaccess、index.phpをいじる

一言で.htaccessindex.phpと言ってもあちこちにあるんですが、ここでは/wp/直下の.htaccessindex.phpをいじります。

WordPressをインストールしたときの設定で/wp/ではなく/wordpress/になってたりします。

お使いのFTPソフトでダウンロードして、index.phpをエディタで編集します。

ここでは17行目にあるrequire( dirname( __FILE__ ) . '/wp-blog-header.php' );を修正します。
'/wp-blog-header.php'の部分にダッシュボードの一般設定で削った分の階層(サブディレクトリ)をここで付け加えます。

require( dirname( __FILE__ ) . '/wp/wp-blog-header.php' );

保存してアップロードします。が、アップロード先は先ほどの/wp/直下ではなく、1階層目になります。

X Serverでは1階層目は/public_html/です。さくらインターネットでは任意で名前を付けることができるので(私は/yanagi/という階層名にしています。安易ですね)/wp/の上の階層のことです。

MacのFinder上で.htaccessのファイルが表示されないときは

Macでは.htaccessは不可視ファイルといって、デフォルトでは見えないようになっています。
ショートカットキーShift+command+.(ピリオド)を押すと、薄くですが表示されるようになります。もう一度同じショートカットキーを押すと、非表示に戻ります。
基本的にFTPソフト内でコピー→該当階層でペーストでいいと思います。

修正したindex.phpと、先ほどセットでダウンロードした.htaccessを一緒に1階層目へアップロードします。
これでドメイン直下にアクセスでTOPページが表示されるようになりました。

手順その3:再度WordPressのダッシュボードからの設定変更

TOPページが表示されたんだからもう終わったじゃないかと思いきや、変更を加えたことで「パーマリンク設定」がなぜか初期化されてしまい、表示されないページが出てきます。ええ〜〜って感じですね。あともう一歩!

WordPressのダッシュボード画面から、設定 > パーマリンク設定で元の設定と同じか確認して(設定が違ってたら戻して)「変更を保存」をクリックすることで、パーマリンク構造を更新できます。

ヘッダーメニューでカスタムリンクを設定している場合など、/wp/が残ったままなので自力で修正しましょう。
一通りサイト内リンクをクリックして確認します。

Pocket
LINEで送る

back to top