adobe illustrator

年賀素材で多様する竹の葉をIllustratorで描く方法3パターン

Pocket
LINEで送る

Illustratorを勉強していてよくやりがちなのですが、便利なツールやアピアランスの使い方を知ってその時は「すげー!めっちゃ効率良いわ!革新的〜〜!」と興奮していても、その後の日々の作業に応用できず学んだ甲斐が無いなんてことがあります。
身近な作業であのツールやこのアピアランスで応用できるね〜と咀嚼したい!これが今回の記事の目的です。

今回試しに作ってみるのは竹の葉です

お正月素材でお馴染みの竹の葉です(もしかしたら笹の葉かもしれません)。
形状が簡単なのでペンツールを使ってベジェ曲線でもささっと描けるのですが、それではIllustratorの勉強にならない!
いかに各ツール各アピアランスで描けるか考えてみました。

長方形ツール編

  1. 長方形ツールで縦長の長方形を描く。
  2. ダイレクト選択ツールで上の角2つを選んで角丸にする。
  3. ダイレクト選択ツールで下の角2つを選んで、オブジェクトから「パス>平均>2軸とも」でくっ付ける。
  4. ダイレクト選択ツールで側面のコーナーを選択し、プロパティにある「変換」でコーナーを丸くする。
  5. ダイレクト選択ツールで方向線を引っ張って丸みを調整する。
  6. 反対側も同様に作業する。
  7. 緑色に着色して真ん中に筋を入れる。
  8. コピペで後ろの葉も作る。背景に送り回転で斜めにする。サイズをちょっと小さくしたり色を薄くしたりすると収まりが良いかも。

ちょっと工程が多いのですが、「変換」でコーナーを丸くする機能を使いたかったので満足。

楕円形ツール編

  1. 楕円形ツールで縦長の楕円形を描く。
  2. 効果から「ワープ>円弧」をかける。ここでは「水平方向を選択、変形:水平方向0,垂直方向-50%」をかけています。お好みで。
  3. 緑色に着色して真ん中に筋を入れる。
  4. コピペで後ろの葉も作る。背景に送り回転で斜めにする。サイズをちょっと小さくしたり色を薄くしたりすると収まりが良いかも。

皆大好きアピアランスでさっと形作れます。
角度を変える際は、先に「アピアランスの分割」をしてオブジェクトの形状をFIXさせておかないと形が崩れます。

線幅ツール編

  1. 直線ツールで縦線を描く。
  2. 線幅ツールで上から1/4あたりを引っ張って太くする。
  3. 緑色に着色して真ん中に筋を入れる。
  4. コピペで後ろの葉も作る。背景に送り回転で斜めにする。サイズをちょっと小さくしたり色を薄くしたりすると収まりが良いかも。

手描きニュアンス以外にも線幅ツールを使いたいですよね。これもさっと形作れますが、他のツールで作った竹の葉と比べてちょっと尖ってますね。気になる方はスムーズツールでなでなでしましょう。

まとめ

実際に使って考えていくことで、アイコン制作やイラスト制作のときにも技術書をめくったりググったりせずに手が動くようになるといいな🙂

Pocket
LINEで送る

back to top