aタグを親要素のサイズに合わせるやり方と、aタグをbutton状にする調整法まとめ

Pocket
LINEで送る

初歩的なことなのですが毎回忘れてググるので、ちゃんとメモとしてアウトプットします。

aタグについておさらい

  • aタグはデフォルトの状態ではインライン要素である
  • HTML5からはaタグでdivpといったブロック要素を囲んでもOK

XHTML時代にaタグでdivを囲んで、温厚なコーダーチームのリーダーを「囲むなって言いましたよね!!😡 」とキレさせてしまったのも遠い昔、もう囲んでも怒られないんですね。

ちなみに、aタグでaタグを囲む、aタグでformを囲むのはNGです。
また、aタグでdivpなどブロック要素を囲む場合は、aタグをインライン要素のままではなくdisplay:inline-block;あるいはdisplay:block;を当ててブロック要素に変えておくと不具合防止になります。

aタグを親要素のサイズに合わせる方法

aタグはデフォルトの状態ではインライン要素であるため、CSSwidthheightといったサイズ指定をしても効きません。
なので、まずaタグにdisplay:block;あるいはdisplay:inline-block;を当てる必要があります。
親要素のサイズに合わせる場合、display:block;の方が混乱しないかと思います。

listの親要素と子要素リンク

example01-02: 普通のlistとaタグリンク

まず普通の状態のリストメニューです。

<ul class="example01-02">
  <li><a href="#">テキストリンクその1</a></li>
  <li><a href="#">テキストリンクその2</a></li>
  <li><a href="#">テキストリンクその3</a></li>
</ul>
ul.example01-02 { 
  list-style: none;
  padding-left: 0;
}
ul.example01-02 li {
  width: 300px;
  background: #877666;
  padding: 8px 20px;
  margin-bottom: 5px;
}
ul.example01-02 li a { 
  color:#fff;
}
Demo

もちろんリストのaタグ内のみがリンク範囲です。
このブログで使用しているWordpressの親テーマunderstrapはデフォルトでaタグをhoverで半透明になります。

example01-03: aタグをblock要素にした

ul.example01-03 { 
  list-style: none;
  padding-left: 0;
}
ul.example01-02 li {
  width: 300px;
  background: #877666;
  padding: 8px 20px;
  margin-bottom: 5px;
}
ul.example01-02 li a { 
  display: block;
  height: 100%;
  color:#fff;
}
Demo

aタグにdisplay: block; height: 100%;を設定したことで、親要素のliタグ内全域にリンク範囲が広がって……ませんね。

paddingの指定をli側にかけていたのが原因でした。

example01-04: paddingをaタグの方に付ける

ul.example01-04 { 
  list-style: none;
  padding-left: 0;
}
ul.example01-04 li {
  width: 300px;
  margin-bottom: 5px;
}
ul.example01-04 li a {
  display: block;
  height: 100%;
  background: #877666;
  padding: 8px 20px;
  color:#fff;
}
Demo

aタグの方にpaddingの指定を持ってきたついでに、backgroundの指定も移動させています。liaのどっちにbackgroundの指定を付けるかは、デザインや構成にも寄ったりするので、適時調整します。

example01-05: Font Awesomeのアイコンをiタグで設置

さきほどのexample01-04にFont Awesomeのアイコンを設置してみます。

この記事ではFont Awesomeを使える状態になっている前提で進めます。また、ここでの記述はFont Awesome 4の場合となっております。

<i class="fa fa-chevron-right"></i>を入れるだけです。fa-chevron-rightがアイコンの種類になります。

<ul class="example01-04">
  <li><a href="#"><i class="fa fa-chevron-right"></i>テキストリンクその1</a></li>
  <li><a href="#"><i class="fa fa-chevron-right"></i>テキストリンクその2</a></li>
  <li><a href="#"><i class="fa fa-chevron-right"></i>テキストリンクその3</a></li>
</ul>
Demo

そのままだとアイコンのサイズが大きい場合があるので、別途cssで該当箇所にfont-size:0.9em;など設定します。

example01-06: Font Awesomeのアイコンをbefore要素で設置

基本的にexample01-04と同じhtmlとcssですが、before要素を追加します。

この記事ではFont Awesomeを使える状態になっている前提で進めます。また、ここでの記述はFont Awesome 4の場合となっております。

ul.example01-06 { 
  list-style: none;
  padding-left: 0;
}
ul.example01-06 li {
  width: 300px;
  margin-bottom: 5px;
}
ul.example01-06 li a {
  display: block;
  height: 100%;
  background: #877666;
  padding: 8px 20px;
  color:#fff;
}
ul.example01-06 li a:before {
  content: "\f14a";
  font-family: FontAwesome;
  margin-right: 3px;
}
Demo

beforeで指定したcontent: "\f14a";がアイコンの種類になります。


Font Awesomeのサイトで使いたいアイコンをクリックすると、必要なコードがわかります。

example01-07: Font Awesomeのアイコンを右寄せで配置

example01-06のaposition:relative;a:beforeposition:absolute;を指定して、あとはa:beforeの方の位置を調整します。

ul.example01-07 { 
  list-style: none;
  padding-left: 0;
}
ul.example01-07 li {
  width: 300px;
  margin-bottom: 5px;
}
ul.example01-07 li a {
  position: relative;
  display: block;
  height: 100%;
  background: #877666;
  padding: 8px 20px;
  color:#fff;
}
ul.example01-07 li a:before {
  position: absolute;
  top: 50%;
  transform: translateY(-50%);
  right: 15px;
  content: "\f14a";
  font-family: FontAwesome;
  margin-left: 3px;
}
Demo

example01-08 & 09: 画像アイコンをbefore要素で設置

矢印アイコンだってデザイン調整して独自のものを配置したい!そんな場合、example01-07のa:beforebackgroundで画像アイコンを指定します。
あとはテキストのpadding、画像アイコンのサイズをwidthheightで指定します。

ul.example01-08 { 
  list-style: none;
  padding-left: 0;
}
ul.example01-08 li {
  width: 300px;
  margin-bottom: 5px;
}
ul.example01-08 li a {
  position: relative;
  display: block;
  height: 100%;
  background: #877666;
  padding: 8px 20px 8px 45px;
  color:#fff;
}
ul.example01-08 li a:before {
  position: absolute;
  top: 50%;
  transform: translateY(-50%);
  left: 10px;
  content: "";
  background: url("/images/bnr_blog_arrow.svg") no-repeat;
  width: 24px;
  height: 24px;
}
Demo

example01-09は画像アイコンを右寄せにする場合です。下記CSSはexample01-08との変更点のみ。

ul.example01-09 li a {
  padding: 8px 45px 8px 20px;
}
ul.example01-09 li a:before {
  right: 10px;
}
Demo

divの親要素と子要素リンク

example01: デフォルト

<div class="example01">
  <a href="#">リンクです</a>
</div>
div.example01 { 
 width:300px;
 height:80px;
  background:#877666; 
}
div.example01 a { 
  color:#fff;
}
Demo

aタグに何も指定していないので、普通にaタグ内のみクリックできるようになっています。

example01-01: aタグをblock要素にして親要素のサイズに合わせる

<div class="example01">
  <a href="#" class="example01-01">リンクです</a>
</div>
div.example01 { 
 width:300px;
 height:80px;
 border:1px solid #877666;
}
a.example01-01 { 
  display: block;
  height: 100%;
}
Demo

aタグにdisplay:block; height:100%;が指定されたことで、親要素いっぱいにリンク範囲が広がりました(display:block;なのでwidth:100%;の指定は必要ない)。

テキストの位置を上下左右中央にしたい場合、親要素にtext-align:center;aタグに親要素の高さであるline-height:80px;を当てると真ん中になります。
詳しくは後述の「example02-08: height指定とline-height指定」をご参照ください。

aタグをbutton状にする方法

buttonタグで設置するのが面倒くさいときもあるじゃないですか。aタグがbutton状になってくれれば、用が足りるのです。

デフォルトのaタグリンク

<a href="#">テキストリンク</a>
Demo

テキストリンク

example02-01: aタグにpaddingをつける

<a href="#" class="example02-01">テキストリンク</a>
a.example02-01 { 
  padding: 8px 20px; 
  background: #877666; 
  color:#fff; 
}
Demo

テキストリンク

分かりやすくするためbackgroundを指定しましたが、基本的にはaタグにpaddingを付けるだけです。

バリエーション展開

アレンジの仕方で以下のようにバリエーションが増えます(ざっくり解説なので、詳しくはChromeの「検証」等で見てみてください)。

example02-02: border-radiusでちょっと角丸

a.example02-02 {
  padding: 8px 20px; 
  background: #877666;
  color:#fff;
  border-radius: 5px;
}
Demo

テキストリンク

example02-03: border-radiusの数値を大きくするとまん丸の角丸

a.example02-03 {
  padding: 8px 20px; 
  background: #877666;
  color:#fff;
  border-radius: 50rem;
}
Demo

テキストリンク

example02-04: box-shadowでシャドウ

a.example02-04 {
  padding: 8px 20px; 
  background: #877666;
  color:#fff;
  box-shadow: 0 2px 6px 0 rgba(0, 0, 0, 0.2);
}
Demo

テキストリンク

example02-05: hover時にopacityで半透明に

a.example02-05 {
  padding: 8px 20px; 
  background: #877666;
  color:#fff;
}
a.example02-05:hover, /*マウスオーバー時*/
a.example02-05:active, /*クリックした時*/
a.example02-05:focus /*クリックやタブで選択した時*/ {
  opacity: 0.4;
}
Demo

テキストリンク

understrapではデフォルトでこの処理がかかっているので、ここでは透過率を上げて差を出してみました。

example02-06: transitionを指定すると変化がほわっとなる

前述のexample02-05だと一瞬で変化しますが、追加で変化の時間指定することでじんわり変化することになります。

a.example02-06 {
  padding: 8px 20px; 
  background: #877666;
  color:#fff;
  transition: 0.3s all;
}
a.example02-06:hover,
a.example02-06:active, 
a.example02-06:focus {
  opacity: 0.4;
}
Demo

テキストリンク

display:inline-block;登場

display:inline-block;を指定することで、サイズ指定やtransformの指定が効くようになります。

example02-07: width指定

a.example02-07 {
  display: inline-block;
  width: 300px;
  text-align: center;
  padding: 8px 20px; 
  background: #877666;
  color:#fff;
}
Demo

テキストリンク

example02-08: height指定とline-height指定

a.example02-08 {
  display: inline-block;
  height: 80px;
  line-height: 80px;
  text-align: center;
  padding: 0 20px; 
  background: #877666;
  color:#fff;
}
Demo

テキストリンク

テキストが1行で収まる場合、heightline-heightの数値を同じにすることで、縦の中央に文字が位置します(padding-toppadding-bottomは0に戻す)。

example02-09: display:flex; と align-items:center;

a.example02-09 {
  display: flex;
  align-items: center;
  width: 300px;
  height: 160px;
  text-align: center;
  padding: 0 20px; 
  background: #877666;
  color:#fff;
}
a.example02-09 span {
  flex: 1;
}
Demo


テキストリンク
テキストリンク


テキストが2行以上になる場合、positiontransformを使うやり方もあるんですが、ここではFlexboxで実装しています。
display:flex;はblock要素なので、width指定しないとデフォルトで横幅100%になります。
親要素にdisplay:flex; align-items:center;、子要素をspanで囲んでflex:1;を指定しています。

example02-10: hover時にtransformでちょっと動かす(transition付き)

a.example02-10 {
  display: inline-block;
  padding: 8px 20px; 
  background: #877666;
  color:#fff;
  transition: 0.3s all;
}
a.example02-10:hover,
a.example02-10:active, 
a.example02-10:focus {
  transform: translate(0, -3px);
}
Demo

テキストリンク

example02-11: bootstrapの場合

classでbtn(基本的な指定)とbtn-primary(背景色の指定)を付けます。角丸とかサイズとかバリエーションがありますがここでは省略します。

<a href="#" class="btn btn-primary">テキストリンク</a>
Demo

テキストリンク

Font Awesomeでアイコンを付けたい

前述の
example01-05: Font Awesomeのアイコンをiタグで設置
example01-06: Font Awesomeのアイコンをbefore要素で設置
を参考にしてください。

親要素がカード状のとき

ブログやメディアサイトで使いたいのが、カード状のパネル全体をクリッカブルにする方法。
aタグの位置によってやり方は色々ありますが、ここではaタグがカードの中の要素の一つの場合のやり方です。
aタグでカード全体を囲む場合は、display: block;display: inline-block;で試してみてください。

example03-01: カード(パネル)の場合

まずは普通の状態のカード。↓はこのブログの一覧ページ右側にある自分で作ったカードです。

Demo

プロフィール画像

やなぎ

札幌のWEB制作会社勤務。
WordPress修行中。
副業でイラスト書いたりしてます。

お問い合わせはこちらから→

<div class="box prof" style="width: 300px; border:1px solid #ddd;">
  <p class="icatch"><img src="https://ponsyon.com/wp/wp-content/uploads/2019/07/bg.jpg" alt=""></p>
  <p class="circle_icon"><img src="https://ponsyon.com/wp/wp-content/uploads/2019/07/profile.jpg" alt="プロフィール画像"></p>
  <p class="name">やなぎ</p>
  <p class="txt">札幌のWEB制作会社勤務。<br />
  WordPress修行中。<br />
  副業でイラスト書いたりしてます。</p>
  <p class="txt"><a href="https://ponsyon.com/contact">お問い合わせはこちらから→</a></p>
</div>

(Wordpressの投稿ページはpタグを容赦無く突っ込んでくる仕様なので、↑のソースは無駄にpタグがいますが無視してください。)

上記の例ではテキストのお問い合わせはこちらから→の部分だけがaタグでクリック範囲に指定されています。

このクリック範囲を親要素全体に広げるために、親要素にposition: relative;を、aタグにposition: absolute;をかけtop: 0; left: 0; right: 0; bottom:0;で親要素ぴったりに引き伸ばします。
ここでは親要素に.example03-01を付加して、CSSで調整しています。

div.example03-01 {
  position: relative;
  transition: 0.3s all;
}
div.example03-01:hover,
div.example03-01:active, 
div.example03-01:focus {
  opacity: 0.7;
  box-shadow:0px 1px 8px 4px #eaeaea;
}
div.example03-01 a {
  position: absolute;
  top: 0;
  left: 0;
  right: 0;
  bottom: 0;
}
Demo

プロフィール画像

やなぎ

札幌のWEB制作会社勤務。
WordPress修行中。
副業でイラスト書いたりしてます。

分かりやすくするために、hoverエフェクトでopacity: 0.7; box-shadow:0px 1px 8px 4px #eaeaea;をかけてみています。
また、全体がクリッカブルになったので、aタグ内のテキストは削除しています。この辺りはケースバイケースですね。

example03-02: bootstrapの場合

↓がBootstrapのカードコンポーネントです。

<div class="card mb-3" style="width: 300px;">
  <img class="card-img-top" src="https://ponsyon.com/wp/wp-content/uploads/2019/07/bg.jpg" alt="カードの画像">
  <div class="card-body">
    <h5 class="card-title">カードタイトル</h5>
    <p class="card-text">ダミーテキストダミーテキスト</p>
    <a href="#" class="btn btn-primary">ボタン</a>
  </div>
</div>
Demo
カードの画像

カードタイトル

ダミーテキストダミーテキスト

ボタン

投稿ページは一々pタグが付加されてしまうので、若干表示が崩れていますが、脳内でpタグ外してご覧ください。

上記の例はデフォルトの状態なのでボタンの箇所のみがクリッカブルエリアですが、ここではカード全体をクリッカブルにしたい。
簡単なんです。
aタグのclassにstretched-linkを追加するだけです。

<div class="card mb-3" style="width: 300px;">
  <img class="card-img-top" src="https://ponsyon.com/wp/wp-content/uploads/2019/07/bg.jpg" alt="カードの画像">
  <div class="card-body">
    <h5 class="card-title">カードタイトル</h5>
    <p class="card-text">ダミーテキストダミーテキスト</p>
    <a href="#" class="btn btn-primary stretched-link">ボタン</a>
  </div>
</div>
Demo
カードの画像

カードタイトル

ダミーテキストダミーテキスト

ボタン

カード全域がクリッカブルになりました。
この場合、ボタンは必要ない場合が多いので、その場合はaタグのclassからbtn btn-primaryと「ボタン」というテキストを外してしまいましょう。

hoverエフェクトをうまく使えば(半透明にしたり、shadowを活用したり)すれば、雰囲気も出ますね。
以下の例は、親要素へのhoverでopacity: 0.7; box-shadow:0px 1px 8px 4px #eaeaea;をかけてみています。

Demo
カードの画像

カードタイトル

ダミーテキストダミーテキスト

Pocket
LINEで送る

back to top