apple

Apple製品を買ったら「Apple TV+」の無料お試し期間が付いてきた! 何を観たらいいの? これを観て!


購入するApple製品によって無料お試しの期間は異なるようですが(私はMac miniの購入で1年間のお試しが付いてきました)、Appleが運営するビデオ・オン・デマンドサービス「Apple TV+」の無料お試し期間が付いてきて、じゃあ何を観たら良いのか悩む方も多いんじゃないでしょうか?
NetflixやAmazon Primeほどメジャーじゃないため、どの作品がオススメなのか分かりずらい……! しかもTwitterに「Apple TV+」の日本語公式アカウントすら存在しないというのんびりした?上品な?広報スタンス……!
そんな方への参考になるかならないか、私が観た作品の紹介をしていこうと思います。

「フラグルロック:みんな、ただいま!」

マペット好きの皆〜〜〜〜〜!!! ジム・ヘンソンと聞くと浮き足立つ皆〜〜〜〜〜〜!!! 「フラグルロック」の新作がApple TV+で登場!!!!!!
フラグルのキャスト(?)はママ。吹き替えや人間の博士はさすがにキャスト変更。メインテーマ曲はもちろんあの曲!(ただし吹き替え版では新訳になっています)

と、ここまでフラグル大好きガチ勢っぽく書いてますが、新作を見て各フラグルのキャラと名前を認識したり。昔NHKで見たときはまだ小学生くらいだったもんなぁ💧
ちなみに旧作はNHKが当時の吹き替えのビデオを紛失だか捨てただかでもう見ることはできないとガッカリしてたのですが、Disney+で見られるという情報が。新吹き替え版かな?

「テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく」

イギリスのサッカーチームを舞台にしたハートフル(Fxxxとか下ネタとか飛び交うけど)コメディドラマ。
公式の予告動画が日本語字幕すら付いてないくらい、当初はノーマークでスタートしました。1話30分なので空き時間に気軽に観られるのも◎。

とある理由でクラブチームをガタガタにしたいオーナーの策略により、アメリカンフットボールのカレッジリーグの監督テッドがイギリスプロサッカーチームの監督に就任する。当然サッカーの知識は0、チーム内はバラバラ、成績もボロボロ、サポーターは大ブーイング……、テッド・ラッソとAFCリッチモンドはどうなっちゃうの??! がざっとしたあらすじ。
主役テッドを演じるのはSNL出身のジェイソン・サダイキス。ということで喋る喋る!
配信後あっという間に人気が出て「Apple TV+」の看板作品となり、2021年エミー賞の助演男優賞コメディ部門のノミネートに5人中4人が「テッド・ラッソ」の出演者という破天荒なことまでやらかしてました(主演男優賞コメディ部門を受賞したのはもちろんサダイキス!)。

シーズン3まで制作が決定されていて、現在シーズン2まで完了。また1年待たなきゃない😭
軽〜く楽しめる1stシーズンも良いですし、製作陣が本気出してきた2ndシーズンも神回連発してきてるし、3rdシーズンで何を仕掛けてくるか楽しみです。

ゴージャスなセレブボス・レベッカを演じるハンナ・ワディンガムは「ゲーム・オブ・スローンズ」で一番サーセイを追い詰めていた石のような修道女セプタ・ユネラを演じていました。なんて、雰囲気違いすぎて言われなきゃ分かんないよ!
こういうこといっぱい言いたいので、皆「テッド・ラッソ」観て! 周囲で誰も「Apple TV+」加入してないから話ができないっ!

「ファウンデーション」

アイザック・アシモフ原作!!ってだけでSFファンなら観ちゃいますよね🖖
1stシーズンが終了しました。SFのサガなのですが、現代の価値観やドラマ化のために大胆なアレンジが加えられています。
絵もキャストも世界観も期待できる仕上がりです。1話あたり時間が結構あるので、夜中にうっかり観ちゃうと夜更かし決定になるのが注意ポイント。
PJ版「ホビット」でスランドゥイル様(短気なエルフの王様でレゴラスのパパ)を演じてたリー・ペイスが今作では皇帝クレオン&クローン役で良い存在感を見せています。

wikipediaで調べたら過去に「ファウンデーション」の映像化の権利をローランド・エメリッヒ(わー↓)やHBO(わー↑)も持っていたそうで。

「真相 – Truth Be Told」

売れっ子オクタヴィア・スペンサー主演のクライムドラマ。

ポピー・パーネルは犯罪ポッドキャストを運営する有名なジャーナリスト。彼女が報じた殺人事件で当時16歳の少年ウォーレン・ケイブは終身刑となっていた。19年後、ウォーレンに冤罪の可能性が浮上し、ポピーは再調査に乗り出す。

Apple TV+公式サイトより

というのが1stシーズンのあらすじです。
とにかくキャスティングが豪華!というか良い俳優揃えてて、絵面も良いしで、どんどん引き込まれます(アーロン・ポール最高!)。
クライムドラマということで殺人事件の犯人はもしかして?と色んなキャラクターがフォーカスされていくのですが、制作の意図なのかどうか知りませんが後半になってくると「……もしかして一番ヤバい人って×××じゃね?」と内心冷や汗をかいてくるので、視聴者の評価もそこまで高くはないです。
でもオクタヴィア・スペンサーがかわいいぞ。

「シュミガドーン!」

昔のミュージカルをパロディしまくるコメディドラマ。
NYに住むメリッサとジョシュは最近すれ違い気味。脱倦怠期を目論んで参加した旅先で道に迷い、クラシカルな衣装で人々が歌い踊るテーマパークのような街シュミガドーンにたどり着く。
唐突に始まるミュージカルへのメタツッコミから、喧嘩別れしたり出会いがあったり、歌ったり(メリッサ)、歌うのを断固拒否したり(ジョシュ)、果たして二人は無事に現代NYに帰れるのかーー?
あの名曲をすげー下ネ……性教育の歌詞で歌い上げたりとなかなかいい性格したコメディドラマなので、毒っけにある程度耐性がある人にオススメ。
全6話完結済なので、一気に観れます。

「Mr.コーマン」

公式予告がまだ作られてないようなので、どっかの予告動画です。
非常に説明が難しいドラマなのですが……、ジョセフ・ゴードン=レヴィットが監督・脚本・製作総指揮・主演を兼任、ミュージシャンへの道を諦めたコーマンはLAの小学校教師として冴えない日々を送る。……幻覚あり、屈折あり、友情あり、挫折あり……うーん、やっぱり説明が難しい!
でも不思議に引き込まれる作品です。

なんとジャンルがコメディに分類されています。アメリカ移民達の実話を元にした社会派ドラマシリーズ「リトル・アメリカ」も何故かコメディに分類されているし、アメリカ的(Apple的?)にはパッとしない人間が人生にもがいてるのがウケるんですかね??

「ウルフウォーカー」

この作品は「Apple TV+」オリジナルではないんですが、制作スタジオがAppleと契約してるようで「Apple TV+」で観れちゃいます。私はまずこの作品目当てで「Apple TV+」に登録しました。
アイルランドのアニメーションスタジオ「カートゥーン・サルーン」製作!

舞台はまだ豊かな森の残る17世紀アイルランド。イングランドから来たハンターの娘ロビンと、“ウルフウォーカー”の娘メーヴが森の中で出会いいつしか友達となる。しかし開発と侵略のため狼を亡き者にしたい統治者の元、二人は街と森とで離れ離れになってしまうーー。
表現力・メッセージ性ともにクオリティの高いアニメーション映画です。

and more

観てオススメだと思ったら増やしていきます。

back to top