確定申告のはなし 2021年度編 | 初めての青色申告はやよい会計に頼りきり!

さて、今年度より青色申告となりました。やよい会計を使ってるのですが、前もって青色申告に切り替え済み。
年度末で会社の方の仕事で大忙しだったこともあり、慌ただしく確定申告を済ませました。
そんなこんなでろくにメモってなかったんですが、それも含めて記録しておきましょう。

2021年度の状況

  • 会社員兼個人事業主
  • 今年度から青色申告
  • 会社の年末調整で、生命保険や小規模企業企業共済等の控除申請はしてもらっている
  • 個人事業の方の帳簿はやよい会計で付けている
  • 確定申告は、そのやよい会計の帳簿、会社を含む源泉徴収票、ふるさと納税およびUNNHCR・国境なき医師団への寄付の領収書を揃えてスタート

わかってるつもりでわかってなかった帳簿付け


数年前からやよい会計の白色申告と使い、前もって青色申告に切り替え、「発生主義」も理解して帳簿を付けていたつもりでした。
途中で上記記事を読んで、「売掛金」「未払い金」という単語の存在を初めて知ります。全然ダメじゃん! 1月から請求・振込の記入をやり直しましたね。副業個人事業主なのでそこまでギャラ発生の回数が多くないのが助かった。。確定申告直前に気付いてたら年度末の多忙さもあってパニックになってたかも。

今年はやよい会計で書類作成。プリントアウトで書類を郵送


去年は会社の給与所得の処理で混乱し、国税局の「確定申告書等作成コーナー」で手入力&書類を送信するという、やよい会計を活かしきれない真似をしておりました。

今年も相変わらずマイナンバーカードを作っておらずID・パスワードでe-Taxなので、去年と同様かと思いきや、やよい会計ですべて入力し書類を作成→書類をプリントアウトし郵送という選択になりました。(理由はあったはず……も覚えてない。思い出したら追記します)
「確定申告書等作成コーナー」でてんやわんやせず、慣れ親しんだやよい会計から確定申告の書類作成まで行けるので、圧倒的に楽!!!

完成する前にどうしても金額が合わない事案が発生しましたが、「売掛金」を登録時に「うち源泉徴収税額」で金額を入力していて、回収時にもふたたび「うち源泉徴収税額」に入力したため、源泉徴収の金額がWで計上されていたのが原因でした。
修正したら金額のズレも解消してくれました。ほっ。

やよい会計の段階で還付金の額も分かりました。私の場合、源泉徴収されていた分が丸々返ってくるので確定申告大好き😍
一社だけ源泉徴収票を送ってくれない取引先があったけれども、縁を切りたかったのでそこの源泉分は諦めます。案件で関わってるときから雑な対応だったけど、最後の最後まで雑を貫き通してくれていっそ清々しいですわ。

書類郵送時の注意事項?

確定申告の情報を載せているサイトはたくさんありますが、欲しい情報にピンポイントでたどり着けなかったり、検索結果を探っても他サイトの情報をコピペで持ってきたような「さっき見たわ」なサイトだったり、今年の情報なのか判別つかないサイトとか、なかなか苦戦しました。

書類郵送時に本人確認書類や控除の書類を同封する必要があるという情報に辿り着いたのは、発送が終わってから。ええ〜〜〜! でも必要があると書いてないサイトも結構ある。どっち?!
返信用の封筒も同封したことだし、問題あったら電話なり郵送なりで連絡来るでしょ(連絡ください)とハラハラしつつ大人しく待つしかありません。

3週間後、受理しましたよと控えの書類が返信用封筒に入って返ってきました。受理……されたってコト?! ほっとしていいの?? と内心ハラハラは収まりません。
無事受理されたということは、本人確認書類や控除の書類は必須では無いってことですかね?? 分からないままハラハラはやがてモヤモヤへーー。

還付金が振り込まれたのは提出から6週間後でした。結構待たされましたが、郵送で提出した場合そのくらいかかるようですね。オンラインで完結できてればもっとテキパキと確定申告から還付金ゲットまで進むので、うーん、やはりマイナンバーカードを作るべきか。面倒くさいな……😌
Anyway、2021年度の還付金で京都で開催されるブライアン・イーノ展に行ってきます!

フライヤー
back to top