ストックイラストのこと その⑥ | 登録作品数150点 ここまでの収益レポートと契約会社の整理のこと

前回の記事から約5ヶ月、ようやく登録点数150点に到達しました。


1点も登録できない月もありましたが、個人的事情で実家に帰っていても作業できる環境を整え(見直し)たり、イラスト制作において工数と気力が省エネモードでスムーズ&スマートに点数を増やせるタッチの調整など、時間が空きつつも頭の片隅で考えつつの日々でした。

毎度お馴染み、ここまでの各社での収益をまとめます。

これまでの各社での売上

ストックイラスト売り上げグラフ

1ドル=105円換算。

PIXTA

単品購入 36点、定額制 334点
(単品購入+4点、定額制+45点)
27,283円
(+4,862円)

上の段が今回時点での売り上げ累計、下の段が前回100点時点からの差分です。

約5ヶ月で約+5千円でした。
累計順位はずっと6500位をウロウロしています。
ランクは安定の1。上がることはあるんでしょうか?😅

PIXTAのマイページ、販売状況や今月何点アップロードしたか、次回リセット日までのカウントダウンなど、ひとまとめになっているのが好きで、ストックイラストの登録はPIXTAから始めています。
作品一覧ページから各イラストのアクセス数も把握できるのも、作品の反応を探れるので参考になります。こういう細かい痒いところに手が届く感じが日本の会社だな〜とほっこりしますね。

ShutterStock

総ダウンロード数 65点
(総ダウンロード数 +7点)
14.78ドル
(+0.7ドル)

定額プランだと1点売り上げで0.1ドルだし、英語で登録する必要があり英文間違いでリジェクトされて放置することが多いため、心が離れ気味のSutterStock。そんな状態なので、まぁ当然売り上げも伸びません。
グラフには顧客紹介分の10.82ドルも含めてましたね。

Adobe Stock

総ダウンロード数 307点
(総ダウンロード数 +98点)
36,776円
(+11,926円)

使い勝手の良いAdobe Stock、作品を登録できてない期間でも売り上げが伸びてくれてありがたいことです。

売り上げが一定数を超えるとボーナスとして一年間Adobeのアプリケーションのどれか(InDesign、Illustrator、Premiere Pro、After Effectsの中から一つ)を無料で使用できるようになります。しかし、CCを使ってるのであまり意味が……😅
もっと売れるとボーナスもグレードアップしてCCコンプリートプランが無料になるようなので、そっちを目指してがんばります!

振り返って

5ヶ月でざっと+1万7千円の収益でした。
今年から個人事業主として青色申告もすることですし、コンスタントに作品を登録し、これまでのスキル向上を主目的とした方針から売り上げをちゃんと伸ばすことを考えた方針に切り替えようと思っています。

最近、増やそうと計画しているのがこちらのタッチ。

iPadを活用し、表情、ポーズ、年代をバリエーション展開しやすいタッチです。
いつもならIllustratorでフラットに整えたバージョンも展開していましたが、こちらは手描きのみで増やしていく予定です。

ストックイラストって購入する側からしたら、1点ごとのクオリティよりもバリエーション展開の豊富さ(同じタッチで必要なバリエーションが揃えられる)が大事だったりします。
いらすとやさんが覇権を取ったのも、その圧倒的バリエーションだと考えています(もちろんデフォルメの仕方や視認性なども高レベルです)

そのため、Illustratorでイラストデータを整えるのに工数を使ったり体力的・精神的にも疲れて作業したくなくなる悪循環を回避し、登録点数を増やしていくのが、今の私の課題ですね。
クオリティ重視のイラストは浮いた時間で増やしていけばいいんですし。

72296347

こういう素材も何点か登録しています。思い立ったら作って登録する感じです。
イラストと違って作業がさくさく進むので楽しいのですが、思い立たないと作らないという。

販売各社へのリンクです

各社、全作品、定額制での販売もしています。お気軽にご購入してください。


追記:契約しているストックフォト社を整理しました

これまで、PIXTA、ShutterStock、Adobe Stock、Imagenaviの4社にクリエイター登録していましたが、2021年4月、思い立ってShutterStockおよびImagenaviからの退会処理をしました。

2社ともメールにて退会の連絡をする必要があります。
支払い最低額に届いていなかった売り上げに関しては、退会することで支払いの処理をしてくれるらしいですが、実際に振り込まれたらその旨を追記します。

退会の理由

作品登録作業に時間を取られるのがキツかったことが大きな理由。
そこのストックフォト社の顧客のニーズと私の作品がマッチしておらず売り上げが少なかったことが小さな理由となります。

S社に関して、やはり英語で登録するのは厳しい! 何度もリジェクトされ、やっと販売開始まで漕ぎつけても売れて一点0.1ドル(約11円)……。
I社に関しては、4社目ということもあり各社異なるシステム画面に疲れ、操作を覚えるのがもう面倒になってしまいました。
登録作業が苦ではない人もいるんでしょうが、私はとにかく億劫でしたね。。その分の時間で次の絵のラフを描いていたかったです。

back to top